ホーム>内科・胃腸科>各種内視鏡検査

各種内視鏡検査

各種内視鏡検査について

胃内視鏡検査

胃内視鏡検査

最新のハイビジョン内視鏡を使用して、食道から胃・十二指腸まで詳しく観察できます。胃潰瘍・十二指腸潰瘍・炎症性病変や腫瘍性病変(食道癌・胃癌・ポリープ等)の有無を調べます。

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査

わずか5mm、ストローの細さほどの極細の胃内視鏡を鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸を調べる検査です。口から挿入する内視鏡と違い、のどの奥にある舌のつけ根に触れないため、吐き気をほとんど感じません。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査は、腸管洗浄薬(腸をきれいにする薬)を服用し、腸内をきれいにした後、肛門から内視鏡を入れて大腸内を直接観察し、大腸癌・大腸ポリープ・炎症性疾患などの病気を見つけ、診断します。

 


 

ページ上部へ